2008年06月03日

演劇『ライフ・イン・ザ・シアター』のフォトコールが開かれる




5月30日に鍾路区の東崇アートセンターで、演劇熱戦シリーズ第2弾の6番目の作品となる『ライフ・イン・ザ・シアター』のフォトコールが行なわれたらしい。


『ライフ・イン・ザ・シアター』は、アメリカのデイヴィッド・マメット氏の作品。


デイヴィッド・マメット氏といえば、舞台『アメリカン・バッファロー』、『オレアナ』や、映画の脚本では『アンタッチャブル』などが有名。



『ライフ・イン・ザ・シアター』は、ベテラン俳優のロバートと若手俳優のジョンのやり取りが、楽屋、衣装部屋などで人生とは何かという普遍的な素材を描くヒューマンドラマ。


ベテラン俳優役を国民的俳優のイ・スンジェと30年のキャリアを持つチョン・グクファンが、若手俳優役をドラマ『ニューハート』で熱演したホン・ギョンインが演じるそうで、今から楽しみ!!


演出家はファン・ジェホン。


ちなみにチョン・グクファンは『演劇熱戦2』の実行委員長を務めている。


この作品は5月30日〜8月10日までソウル大学路にある東崇アートセンターの小劇場にて上演される。


日本では上演されないので、見たい人は韓国まで行く必要が・・・。


ちょっと難しいかも。

韓国語が理解できる人は大丈夫なのかな〜。



『ライフ・イン・ザ・シアター』と言えば、確か日本でも上演されていた。


最近の2006年の公園では、ベテラン俳優のロバート役を市村正親さんが、若手俳のジョン優役を藤原竜也さんが演じていた。




posted by 韓太 at 06:09| 韓国演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。